soniceye BLOG
     
  <<1 2

サヨナラ、蒼きキーボード

サヨナラ

キーボード、って楽器じゃなくてPCの方だけど、Cubaseマシンのキーボード、WキーとEキーが変になって久しいです。普通にタイプしても文字が打てず、狙いを定めて指の先に力を入れて、ぼすっと叩くと文字が打てます。こういうのはかなりイライラする状態ですので、昨夜ゲンコツでばこんっとWキーEキー周辺を強力に打撃したところ、普通のタイピングで字が打てるようになりました。

一晩たって、今日タイプしてみるとまたWキーとEキーが鈍くなっていたので、再びゲンコツで強力にばこん!っと打撃すると普通に打てるようになりました。
これって・・・汚れて接触が悪くなったとかではなく筐体がゆがんでいるのではないでしょうか? ちなみに僕のタイピングは至極流麗で優雅なタイピングです。決して日常的にぼすっ、ぼすっとタイプしているわけではないのです。

というわけで今日でサヨナラ、安心して引退してくれ、僕の蒼きキーボードよ。

.
ComMusic2006後半 | comments (0) | trackbacks (0)

食卓でできるギター調整

食卓でできるギター調整


リットーミュージックからギター調整の本(DVD付き)が9月25日に発売されました。「実写版 DVDでわかるギター・メインテナンス::食卓でできるギター調整」です。あの寺田仁さん著です。

寺田仁さんのWebサイトの方は、これまで何度も読み返し参考にさせていただいていたものですから、この本はもちろん即購入。DVDは75分も収録されています。

本、DVDともにその内容は素晴らしいです。トリッキーな話や派手なワザなどは無く一見地味に感じる人もいるかもしれませんが、基礎と実績を兼ね備えた人しか持ち得ない静かな説得力が僕にはとても嬉しく、まさに「こういう話が聞きたかったんだ!」といった内容になっています。さすがです。
その上、本文に見え隠れするお人柄と確固たるポリシーが読んでいてとても気持ちが良くて、読後はとても爽やかで優しい気分になれるという、HowTo本としては類稀な存在、名著だと思います。

本文、DVDともに本当に買ってよかったと思える素晴らしい内容です。更には、巻末の「おわりに」の文章が感動的です。書かれている内容もさることながら、あのような内容を書こうとする「意思」に感動します。

あらためて自分のギターをよくよく見つめ、ブリッジとヘッドの拡大写真など撮りつつ、是非ゼヒ続編を書いて頂きたいなと切に願う秋の夜でした。

.
ComMusic2006後半 | comments (0) | trackbacks (0)

Xeonまっく

うーん、もうこれしかないという状況だとしても、ね、昔々冗談のように言っていたじーおんまっく。実現してしまうとはねえ・・。X64とかIA64とか、もううんざりなんだけど、事態がシンプルになったと思えばまあいいか。でも今更「2倍のパフォーマンス」なんてコピーはやめた方がいいと思うよ。

.
ComMusic2006後半 | comments (0) | trackbacks (0)
<< 1 2