soniceye BLOG
     
 

SereneBach

flower_red_02b.jpg
このページ「Words and Chips」は一応ブログになるのかな。以前はMovableTypeで作っていましたが、今回のリニューアルに伴いブログツールもSereneBachに変えて再スタートしました。
閲覧する側から見れば、どんな作成ツールを使っているかなんて事はたぶん関係なくて、公開されている姿が評価の基準であろうと思いますが、作る側からすると制作ツールの選択は結構重要な要素です。

SereneBachに決める以前、他のツールもいろいろ試してみたんですけどね。これはと思ったものについては実際に動かしてみましたし、仕様を調べただけで終わったものもあります。全部あわせると結構な数になるんじゃないかな・・。最後まで候補に残ったのはXoopsで、これは見直しの度にいつも候補にあがるけど、その度に見送りになっている常連さん(笑)です。実は今でもDBは残っていて、いつでも復活できるんですが・・・。

Xoopsはブログというよりコミュニティや特定のグループのためのサイト設計と作成に威力を発揮しますよね。ブログもできますが生い立ちがちょっと違うし、きっと設計当初のコンセプトも異なっている。
それじゃ、いっその事SonicEyeのサイト全体をXoopsで作ったら今までより楽になるかな?(動機不純)と思って、かなり作りこんでみた事もあります。今回も作ってみました。テンプレートは全部とってあるけど、結局お蔵入り、、だと思う。Xoopsの良さは別のところにあると再認識しました。

やっぱりMovableTypeかなあ、でもちょっとなあ、、、と思っていたところにSereneBachがあって、使ってみたら3分で気に入ってしまい・・・。
いろいろなツールの資料集めたり、インストールやテストを繰り返したり、さんざん迷ったり考えたりするくせに、気に入る時は直感なんだ(笑)。
あ、これにしよって思う瞬間は、たぶん頭脳はぜんぜん使ってない。

それでも公開するまで10日間くらいは試用してみたんですよ。で、やっぱり直感は正しかった(笑)。とても良い感触だったのです。

必要な機能が必要なところに配置されていて、よく考えられた設計になっていると思います。サイトを凝った作りにしたければいくらでも作りこみが可能ですし、とりあえずやってみる、といった感じの簡略化した作業でもちゃんとしたページができあがります。
Templateも非常にわかりやすくMTのように煩雑ではありません。これが一番助かったかな・・。各ページに適合するTemplateを個別に作ることも可能ですが全ページ共通にしてしまえば一回のデザインでOK。

管理機能ですが、これも必要十分な機能が備わっていますので、これで不満を感じることはないと思います。もし仮に、SereneBachで不満を感じるようであれば、MovableTypeを使っても不満が出る筈ですし、それこそ自分の能力と責任においてカスタマイズしていくべきだと思われます。

最後にデータ移行ですけれども、昨年からのMovableTypeのデータは何の問題も無く、するっとインポートできてしまいました。結果はご覧の通りです。カテゴリもコメントも、以前のままの形で再現されてますね。

ということで当分このSereneBachを使っていくつもりです。
これからもSonicEyeのWords and Chips、宜しくお願いします。
ComMusic2005後半 | comments (0) | trackbacks (0)